産業医クラウド

健康経営2.0のすすめ

“健康経営企業になるメリットやその方法を説明しています。健康経営の達成に必要なのは、適正な目的を持つことです。その目的とは「生産性の向上」。人事がその目的を達成するためにするべき最も重要なことは、KGIとKPIの設定です。KGIは、1人あたりの採用コスト、採用数の増加数など。KPIは退職率や休職率など、どちらも具体的な数値目標を設定することが必要です。
健康経営企業を目指し、コンプライアンス対策やメンタルヘルス対策をきちんとすると、組織が元気になり業績目標の達成につながります。”

資料内容

健康経営1.0

健康経営に大切なコンプライアンス対策で必要なことは3つあります。体制の整備と啓蒙活動の徹底を行えるトップの強い意志・社内での責任を明確にする体制づくり、そして、共通の認識を持つための行動基準の作成です。
健康経営優良法人を取得するのも効果的です。企業のトップを巻き込むことが容易になったり、人材獲得に優位になったりすることもあります。また、取得の際にコンプライアンス対策がきちんとできているのか確認できます。
コンプライアンス遵守のポイントは3つです。過重労働対策である36協定を守れているか、健康診断後の対応ができているか。そして、産業医保健体制の見直しも大事なポイントです。

健康経営2.0

健康経営にはメンタルヘルス対策も重要です。メンタルヘルスケアは4つの方法があります。労働者によるセルフケア、管理監督者によるケア、事業場内の産業医や衛生管理者などスタッフによるケア、事業場外の機関や専門家によるケアです。不信・不満・不安を取り除くためには段階を踏む必要があります。ストレスの構造やどのような身体的反応が出るようになるのか把握しましょう。休職の仕組み化や、社内外での相談環境を整えることも大切です。うまくいかない場合は、メンタルブレーカーの存在も考える必要があります。

資料ダウンロード

1.事業者名 株式会社Avenir
2.個人情報保護管理者 メディカルキャリア支援事業部 部長
 電話 03-6277-6755
3.個人情報の利用目的について
収集した個人情報は、以下の目的ために利用させていただきます。
b)資料請求に対する発送のため
d)商品・サービス・イベントの案内のため
4.個人情報の第三者提供について
収集した個人情報は、下記のa)~d)を除いて、本人の同意なく第三者への提供をしません。
a) 法令に基づく場合
b) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
c) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
d) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力をする必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき
5.個人情報の開示等について
収集した個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の求めがあった場合には、速やかに対応します。この場合は、下記の個人情報相談担当者までご連絡ください。
個人情報保護管理責任者(メディカルキャリア支援事業部 部長) 
電話:03-6277- 6755
6.本人が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に本人に生じる結果について
個人情報の当社への提供は任意となりますが、個人情報をご提供いただけない場合は、お問い合わせにご回答できない場合がありますのでご了承ください。
7.本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得する場合について
当社では、ホームページ改善のために、cookieを利用していますが、個人情報とは結び付けておりません。
8.委託について
このページは安全管理措置を審査・評価済みのレンタルサーバを利用しています。また、このページで取得する個人情報は、外部委託先に委託することがあります。
制定日 2018年5月1日
最終更新日 2021年4月25日