産業医クラウド
産業医クラウドTOP > 産業医ナビ >健康経営は中小企業でも実現可能!中小企業の施策

健康経営は中小企業でも実現可能!中小企業の施策

2020.03.18産業医

健康経営は中小企業でも実現可能!中小企業の施策


良心的な企業であれば当然、健康経営に取り組んでいることも多いでしょう。
実際健康経営の取り組みに対する効果は多数報告されており、企業の将来を見据えた上でも、今後健康経営の実践をされている中小企業も多いかもしれません。
ところで、健康経営は大企業だからこそできる取り組みと思っていませんか?

健康経営は中小企業でも実現可能な取り組みであり、中小企業だからこそ求められる取り組みにもなってきます。
今回は、中小企業が健康経営に取り組むメリットや施策について見ていきたいと思いますので、参考にしてみてはいかがでしょか?

厳選された産業医が、 職場のメンタルヘルス対策を推進。産業医クラウド

健康経営に関する中小企業の義務はあるのか?


健康経営は、企業が従業員の健康面に配慮することで、企業の将来的な利益率を見込むことができるという概念の基、従業員の健康管理を戦略的に実践する取り組みを意味します。
ストレス社会と呼ばれるようになった現代社会におき、健康経営の持つ役割は大きく、労働人口の減少化や過重労働者や高ストレス者の増加に伴い、健康経営は求められるようになりました。

・健康経営への取り組みは義務?

各所で推進される健康経営は努力義務となっており、健康経営は必須ではありません。
一方健康経営は、経済産業省により取り組みが推進されており、「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人」の選定・認定制度が設立されております。

健康経営優良法人は、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門で構成されており、中小企業の場合ですと、中小規模法人部門で認定される仕組みになっております。

・健康経営はお金がかかる?

健康経営の取り組みは幅広くもあり、取り組み事例も様々なことが特徴です。
当然ですが、取り組み内容もピンキリになりますので、かかる費用も同様にピンキリになってきます。
健康経営は長期的に見ると有効的な取り組みでもありますから、当然それなりの費用はかかります。

健康経営への取り組み費用は当然ですが、それに伴い、専門家の活用を求める企業も多いでしょうし、その分の人件費もかかってきます。
一方、東京商工会議所より派遣される健康経営アドバイザーは、5回まで無料で利用することができますし、企業に設置されている産業医の活用をすることも有効的です。

中小企業が健康経営に取り組むメリット

中小企業におきまして、健康経営に取り組むことでどのようなメリットが存在するのか、これから探っていきましょう。

生産性の向上

大小問わず、どこの企業でも共通していえることは、生産性の向上が大切であり、生産性が向上することでその分の利益率が見込めます。
健康経営に取り組むことはすなわち、従業員の健康維持や回復が見込まれることを意味し、それは同時に企業の生産性の向上につながっていくでしょう。

健康経営自体が、生産性を向上させることで企業の利益率を見込んだ取り組みとなりますので、生産性の向上は健康経営の与えるより分かりやすいメリットになってくるかもしれません。

経産省の認定等による社会的認知度アップ

先ほど簡単に説明しましたが、経産省により、健康経営銘柄制度や健康経営優良法人制度が設立されており、選定・認定されることで、社会的認知度がアップします。
社会的認知度がアップされることで、企業の信頼性もアップし、それが将来的な企業の利益率を上げるといっても過言ではありません。

社会的認知度がアップすることで、銀行からの融資を受けやすくなるかもしれませんし、入社希望者の増加も望めるかもしれません。

人材の定着と確保

中小企業が健康経営に取り組むことで、従業員の健康維持や回復につながり、同時に働きやすい環境になることで、人材の定着と確保につながるかもしれません。
一昔前までは、身を粉にして働くことが美学のように謳われており、プライベートを犠牲にしてまで仕事を優先することがさも当たり前のようにされておりました。
けれどもそういった状況は、従業員の心身を壊し、離職率を高め、生産性を却って下げてしまったのではないでしょうか?
時代の流れと共に企業の在り方は変化を遂げ、近年求められていることは、従業員の健康に気遣い、プライベートの時間を与えるといった、今いる人材を尊重することといえます。
人材の定着と確保のためにも、健康経営に取り組み、従業員の健康維持や回復に向けた取り組みを展開することが、これからの中小企業に求められてくるでしょう。

中小企業は人数が少ない分、一人ひとりの業務量も多い傾向が見受けられ、それにより従業員の負担が懸念されるため、健康を守るためにも健康経営の実践が大切なポイントといえます。
中小企業だから、大企業ほど負担はないから、健康経営はまだ早いとお思いの方もいるかもしれませんが、中小企業だからこそ健康経営への取り組みは重要になってきます。
時代を先取りするためにも、企業の将来を見据えるためにも、まずは健康経営を検討されてみてはいかがでしょうか?

中小企業が健康経営に取り組むには?


複数のメリットが挙げられる健康経営ですが、中小企業が健康経営に取り組むにはどういった流れで実践すれば良いのでしょうか。

健康経営への取り組みについて社内に周知する

健康経営で成果を出すためには、多くの従業員に参加してもらうことが必要不可欠になりますが、そのためにも健康経営への取り組みについて、社内に通知することが求められます。

周知方法としまして、朝礼や会議、社内研修、社内報や掲示物、ホームページやメールといった様々な方法があります。
単純に、「健康経営に取り組みたいので、ご協力をお願いします」と述べることは、社内周知にはなりますが、中身について理解を得られなければ、協力も得られないでしょう。
そこで、社内通知をする際は、健康経営について分かりやすく説明をしながら、どのような取り組みをするのか、といったことを簡潔に伝えていくと良いかもしれません。

現状の課題を把握する

健康経営で成果を出すためには、より効果の出やすい取り組みをすることが当然望ましく、そのためにも現状の課題を把握することがポイントです。
従業員が社内状況を見ると、長時間労働者が多いことや残業が目立つ、社内の年齢層が高いことや女性従業員が多いこと、メタボ率が目立つことや入院者が目立つなど、様々な課題が挙げられるかもしれません。

一方、従業員の目で社内状況をざっくり見るだけでは把握しきれない部分もあり、健康診断結果やストレスチェック、社内アンケートなどによる資料を分析することで、改めて見えてくる課題もあるでしょう。
現状の課題を把握するためにも、目に見える状況や資料から見えてくる状況を把握した上で、取り組む課題に優先順位をつけ、テーマを明確化していくことも大切かもしれません。

目標を設定し、施策を実行する

健康経営で成果を出すためには目標設定が大切となりますが、目標設定は曖昧な内容にするよりも、数値化することがポイントです。
例えば「健康診断受診率アップ」という目標よりも、「健康診断受診率100%」のほうがわかりやすい目標ではありませんか?
健康経営の目標は数値化することがポイントでもあり、施策の計画をすることも大切です。

施策の計画は、長期的な目標以外にも中間目標のようなものも定めていくことで、途中修正や改善ができやすく、より良い効果を出すことが期待できるでしょう。
当然ですが、施策計画を立てたら実行をすることが大切であり、実行をしてこそ改めて見えてくる部分も多数あると思います。
中小企業が初めて健康経営に取り組む際は不安も多いかもしれませんし、施策を実行することは、霧の中を歩くようなことかもしれませんが、実際実行してこそ発見することも多いでしょう。

結果を確認し、評価する

施策を実行した後は、それにより結果を確認し、評価をすることが大切です。
そうすることで次につながる新たな第一歩となりますし、結果確認や評価をすることで、改善点や反省点、次の取り組みの課題などが更に明確になっていくでしょう。

今後健康経営を更に展開させるためにも、「ここで終わり」とするのではなく、持続的な取り組みをしていくことが大切であり、それにより企業の将来的な利益率も見込めるのではないでしょうか?

結果と評価を社内にフィードバックする

結果と評価をしたら、社内にフィードバックをしていきます。
健康経営に取り組んだ従業員たちも、実際結果と評価を知り得ることで自分たちの取り組みに意義があったことが分かるかもしれませんし、次に対する意欲も沸くかもしれません。

担当者や担当チームのみが結果や評価を把握しているだけでは、社員の同意を得られないでしょうし、社員も健康経営への取り組みから離れていってしまうかもしれません。
健康経営は画一的に実践するのではなく、社内全体で実践することが大切となり、そのためにも結果と評価は社内にフィードバックしていくことが求められます。

中には良い成果を出した従業員を表彰する企業や景品やポイントを与える企業も存在しますが、このような特典をつけることで、従業員もより健康経営へ積極的に取り組むのではないでしょうか。

まとめ

健康経営というと大企業の取り組みのようにイメージされる方も多いかもしれませんが、中小企業でも実現可能な取り組みとなり、むしろ中小企業だからこそ求められる取り組みでもあります。
まずは小さな第一歩でも、1つ1つ実践していき、経験を積み重ねていくことで、それはやがて小さな川がいくつもの川と連なり、大きな川になるように、大きな成果になり実を結ぶでしょう。

大きな成果を出すためには第一歩を踏み出し、更に他の取り組みへつなげていき、成果を導き出すことがポイントになってきます。
効果的な健康経営の施策を組むためにも、産業医の力は欠かせないものとなり、優秀な産業医であればそれだけ健康経営において期待もできるでしょう。
健康経営の実現をご検討中の企業様、まずは優秀な産業医の設置から検討されてみてはいかがでしょうか?

厳選された産業医が、 職場のメンタルヘルス対策を推進。産業医クラウド

相談イメージ

悩む前に一度相談してみませんか?

「今の産業医に不満があるけど、これってどこも同じ?」
「ほかの会社の産業医って何やってるの?」
「こんな悩み有るけど、これって産業医を頼っていいの?」
など、小さなお悩みから他社の事例など、お気軽に相談ください。

産業医の新規契約をまだ検討していない方も、お気軽に悩みを 聞かせてください。産業医の紹介以外でも、お役に立てるかもしれません。

無料相談はこちら
 
 

監修

栗原 雅直医師
くりはら まさなお

東京生まれ。東京大学医学部医学科卒業、東大病院精神神経科に入局。1960年東大大学院生物系研究科博士課程修了。医学博士。2年間のパリ大学留学後、東大病院医局長、1966年虎の門病院勤務。初代精神科部長。川端康成の主治医を務めた。1990年大蔵省診療所長。財務省診療所カウンセラー