大阪府の産業医の特徴|産業医のプロ集団|休職者・メンタルマネジメント対応のAvenir産業医
           

契約事業所数、1500事業所突破

Avenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

大阪府の産業医の特徴

製造業が盛んな大阪府。産業医の需要は?

大阪府の産業医の数は7000人(2014年日本医師会公表の認定産業医数にて)。全国的にみて一人当たりの産業医が抱える企業数は全国平均以下になっています。ただし、一見産業医の需要が足りているとみられがちですがそうではなくこれから産業医の需要はますます伸びていくと考えられていますので対策が必要です。

なぜ増える大阪府の産業医の需要

近年産業医の需要増加が見込まれる主な要因としてうつ病患者が全国的に増えている傾向にありメンタルヘルス対応と少子高齢化に伴う健康リスクへの対策が挙げられます。大阪府だけに関わらず全国平均的に労働時間の増加や一人当たりの業務範囲の拡大が原因としてあげられており、政府もストレスチェックを義務化するなどして対策を講じています。厚生労働省の調査によるとメンタルヘルス対策を行っている企業は平成14年では23.5%だったのが、平成24年では47.2%となっております。また、厚生労働省は平成29年の目標値としてメンタルヘルス対策をおこなっている企業数を80%に掲げています。

企業が行っているメンタルヘルス対策の中で一番重要視されているのが管理者の教育研修であり、組織全体がメンタルヘルス対応を行うことが必須の時代となっています。なかでも情報通信業は休職者の割合が非常に高い業種になっており情報通信業での求職者は割合は2%に達します。(全業種平均が0.7%であり非常に高い数値)

メンタルヘルスで休職している企業の割合は8%程度であり現在企業や政府が対策をうっていることもそうしてすこしずつ改善傾向にあります。ただ、まだまだメンタルヘルス対策が行えていない企業も多いため、今後企業がメンタルヘルス対策を行っていく中で産業医の雇用は増加していくと考えられます。

大阪府で産業医としてのメンタルヘルス対策ができる=精神科医ではない

よく勘違いされているのがメンタルヘルス対応ができる医師は精神科であると思われる方がいらっしゃいますがそうではなく産業医の専門領域問わず産業医はメンタルヘルスに対しての知見をもっており、適切な対応ができる必要があります。産業医は内科の専門領域が多いため精神科ではないのにメンタルヘルス対策ができるのかと不安に思われる企業様もいらっしゃいますがAvenir産業医の医師たちは近年のメンタルヘルス対策の為に様々な研修を積み、さらに一般の精神科領域だけではなく企業に属する人に特化したメンタルヘルス対策について詳しい知見をもっていますのでご安心ください。

また、少子高齢化に伴い企業の高年齢化も問題になっており、大阪府にある企業だけではなく生活習慣病や5大疾病のリスクがあがっています。そういった意味で産業医は精神領域、身体領域問わず「健康」という側面から様々な知識を持つ必要があります。中には知見を持たず面談に応じる医師も一定数いるので大阪府の企業様で医師のリプレイスをお考えの場合はぜひ当社にご相談ください。