神奈川県における産業医の特徴|産業医のプロ集団|休職者・メンタルマネジメント対応のAvenir産業医
           

契約事業所数、1500事業所突破

Avenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

神奈川県における産業医の特徴

産業医の需要がタイトな神奈川県

神奈川県の産業医の数は4376人(2014年日本医師会公表の認定産業医数にて)。2014年の50人以上の従業員を抱える事業所は10862事業所となり一人の産業医あたり4.19事業所を見ている計算となります。産業医一人当たりの受け持ち企業数は6番目に多くなっています。

神奈川県の事業所の特徴として、事業所数では「卸売・小売業」、「サービス業」、「飲食店、宿泊業」の3産業で過半数を占めています。事業所女性も活躍している県となり、男女別従業者数は、男性は280万1千人となり、7万4千人の増加、女性は196万5千人となり、女性の活躍も目立つ県です。

女性が働きやすい企業の特徴は

近年子供を持ちながら家事、育児を行う女性も増えています。その中で女性に対するケアがとても重要視されるようになってきました。その中で産業医も女性を選ぶ企業も多くなっています。まだまだ医師の世界でも女性の割合は少なく男女比でおよそ8:2でありまだまだ女性産業医が少ない現状があります。

東京都とうつ病の関係性

うつ病の治療を受けている人は全国で100万人にのぼっており、治療を受けていない人を含めるとおよそ270万人に達するという推計調査があります。東京都のうつ病患者数は約10万人と言われています。東京都福祉保健局の調査による、東京都の自殺者数は2014年において、男性の自殺者数が1,613人、女性の自殺者数は830人で、合計2,443人。また年代別で見た場合40代~50代の働き盛りの男性比率が高くなっています。

女性のうつリスク

うつリスクはホルモンなどの関係から女性の方が約2倍高いと言われおり、女性のメンタルケアはとても大切です。神奈川県のうつ病患者数は約6万人と言われており、うつ病の患者数は全国で3番目に多くなっています。うつは事前に兆候がでることが多く下記のような症状を訴える場合は注意が必要です。

  • 夜眠れないなどの不眠症状
  • なにもする気力がないなどの兆候
  • すぐに感情的になってしまう。感情の起伏が激しくなる

女性は生理周期に伴い上記の症状が現れる人も多いためいつもの生理前後の兆候だと思われ鬱の兆候が見過ごされがちです。常態的に上記の症状が続く場合も家事・育児に忙しく受診をする時間もとれないといった現状があります。

その場合、女性産業医の月1回の面談で症状を話すことでそれがうつの兆候であるかどうかを判断できるケースもあります。その為、女性がより詳しく症状を話しやすい産業医の選定が必要です。

女性のメンタルケアが組織の健康を左右する

女性は出産後特に働き方に対して考える時期があり、仕事と家事の両立面でストレスが多くなります。その中で企業がストレスマネジメントを行うことはとても重要です。従業員の大半が女性であるが産業医が男性である場合などは一度女性産業医の雇用を検討することもひとつかもしれません。

Avenir産業医では産業医の年齢や性別などもご要望にお応えしております。女性医師をご希望の企業様はぜひ一度ご相談ください。

これから産業医と面接を行う企業様へ

産業医に関するご相談(お気軽にご相談ください)

お問い合わせ