秋田県の産業医|産業医のプロ集団|休職者・メンタルマネジメント対応のAvenir産業医
           

契約事業所数、1500事業所突破

Avenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

秋田県の産業医

東北地方ではもっともよく産業医が普及している秋田県

秋田県の認定産業医は802名、50人以上の従業員をかかえる事業所数は1301件です(2014年日本医師会公表の認定産業医数にて)。産業医1名あたり2.7件の事業所数を担当している計算になります。これは全国で37番目で、東北地方ではもっとも低い数字です。けっして十分な数とはいえませんが、秋田県では産業医は比較的よく普及しているといえます。

製造業がさかんな地域であることを考えると、労働者の安全と健康のために、産業医のさらなる拡充が期待されます。

企業にとって最適な産業医の探し方とは

どの企業にとっても最適な産業医というのは存在しません。もちろん、有資格者であることや名義貸しをしない産業医がほしいという共通項はあるでしょう。しかし実際に選任するときには、自社にとっての課題をよく理解し、ふさわしいアドバイスができる能力をもつ産業医を探すことが大切になります。

たとえば女性の多い職場環境であれば、悩みをうちあけやすいように女性の産業医を選んでもいいでしょう。うつ病などのメンタル疾患で休職する従業員が目立つなら、精神疾患に詳しく、メンタルチェックを的確に行える産業医を探すという方法があります。

ひとくちに産業医といっても、経験量や得意分野は千差万別です。職場環境を改善するには、企業の課題にこたえられる産業医を選任することが大切です。産業医のなかには、労働衛生コンサルタントや労働衛生指導医などの資格を取得している人もいます。こうした資格の有無をチェックすることで、産業医の能力や得意分野をある程度知ることも可能です。

労働衛生コンサルタント資格をもつ産業医とは

労働衛生コンサルタントとは、厚生労働省の指定機関で登録された資格のことです。労働安全や労働衛生を事業所でチェックし、適切な指導とアドバイスをできるプロフェッショナルな能力を保証する資格といえるでしょう。この資格をもっている産業医の特徴は、労働者の衛生と安全に対して熱心に取り組むだけでなく、現場指導の豊富な経験をもっていることが多いことです。

理想的な産業医ではありますが、労働衛生コンサルタントの資格をもつ産業医の場合、料金が割高になる傾向があります(Avenirではこの資格保持者もその他の産業医も、一律料金でご紹介しています)。またこの資格の保有者がまだ少ないということも問題です。地域によっては、労働衛生コンサルタントの産業医を見つけることがかなり難しくなることもあります。

業務上の義務を最低でも理解している産業医を選ぶ

面接をしても、第一印象だけでは、その産業医のコミュニケーション能力や企業との相性までは簡単には判別できません。最低限の条件として、産業医としての職務を確実に理解しているかどうかを選任のポイントにするといいでしょう。次のような業務を確実に行える産業医であれば、ひと通りは合格ラインにあるといえます。

・健康診断への対応
・職場の巡視
・ストレスチェックの定期的な実施
・衛生委員会への出席
・加重労働者への面談とアドバイス
・面談を希望する労働者への対応とアドバイス
・求職者への対応とアドバイス

これらの他に、どのような企業での業務経験があるかという点も考慮すべきでしょう。経験年数が長くても、製造業でしか産業医をしたことがない場合もあります。こうした人物が、情報通信分野のオフィスで適切な巡視ができるかどうかはわかりません。

面接時に、業務への熱意や意識を確認することも大切です。ベテランであればいいというものではありません。日々努力を重ね、経験は浅くてもいいアドバイスのできる産業医もたくさんいます。医師という立場からだけでなく、企業のことを考えて適切な指導ができる人物が産業医として望ましいといえるでしょう。