健康経営に欠かせないメンタルヘルス対策とは|産業医のプロ集団|休職者・メンタルマネジメント対応のAvenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

健康経営に欠かせないメンタルヘルス対策とは

2020.03.10産業医

メンタルヘルス問題は現代社会の特徴ともいえる現象といえ、我々と常に隣り合わせの課題でもあり、今まさにメンタルヘルス問題に悩まされている方も多いでしょう。
健康経営の一環としまして、メンタルヘルス対策に取り組んでいる企業も多いと思いますが、早期発見・対応が鍵となるメンタルヘルス問題は、健康経営に欠かせない課題になってきます。
メンタルヘルス対策の事例としまして、どのようなものが挙げられるのか気になる方も多いと思いますので、これから健康経営やメンタルヘルスの重要性と併せ、メンタルヘルス対策について見ていきたいと思います。
 
休職を予防するための未来型産業医紹介ならAvenir
 

健康経営のメリットとは?


取り組む企業も増加している健康経営ですが、まず初めに、健康経営のメリットを見ていきましょう。
 
・健康経営の目的
 
健康経営は、「企業が従業員の健康に配慮することにより、将来的な利益を見込むことができる」という概念の基、企業側が従業員の健康管理を戦略的に実践する取り組みになります。
健康経営の一般的な目的は、企業の利益率アップとなりますが、それ以前に従業員の健康面に配慮することは、従業員にとって良い効果を与えます。
 
健康経営はいわば、従業員の健康維持・回復を図りながら、そこから企業の利益率につながる取り組みとなるため、従業員と企業の双方にとって、健康で豊かであることを実現できる取り組みになってきます。
 
・健康経営のメリット
 
健康経営を実践するために様々な施策を立てる必要がありますが、そんな健康経営には多数のメリットが存在します。
健康経営は、従業員の健康維持や回復を見込む取り組みとなりますが、取り組むことで当然、従業員の健康維持や回復につながってきます。
 
従業員の健康維持・回復につながることで、トータル的な医療費負担額が削減され、従業員が健康であることで業務回転率がアップし、スムーズに業務を進めることが可能となるでしょう。
そういった点から考慮しましても、健康経営が企業に与える利益率は十分見込まれるといえます。
 
その他にも、健康経営に取り組むことで社内外からの企業のイメージアップに繋がってきます。
実際に企業側が、従業員の健康管理に気を配ることで、従業員からの信頼を得ることができ、従業員のモチベーションもよりアップし、従業員の休職・離職率の低下にも繋がるでしょう。
 
健康経営に取り組み、企業がイメージアップすることは、就職希望者の増加が見込むこともでき、他社からの信頼も得られることに直結します。
そうなることで企業もますます今後の事業が発展し、更なる利益率を見込むことができるのではないでしょうか?
 

身体の健康だけでない、メンタルヘルスの重要性

ところで近年では、メンタルヘルスという言葉に触れることも増えましたよね。
メンタルヘルスは、一般的な身体の健康面とは異なり目に見えにくいものであり、その分変化に気づきにくく、発見が遅れることで治療も長引いてしまうことが特徴ですが、これからメンタルヘルスの重要性について見ていきましょう。
 

こころの病は身体の病につながる

心と身体は繋がっている、という話を耳にしたことはありませんか?
「病は気から」という言葉がありますが、こころの病は身体の病にも直結してしまい、それが、こころの病のもたらす恐ろしい部分といえるでしょう。
 
メンタルヘルスの不調は食欲不振や不眠、喫煙や飲酒、過食やストレスなどにつながってしまうことが懸念され、そこから別の病気を引き起こしてしまう危険性もあります。
例を挙げますと、メンタルヘルスの不調から胃を悪くした、という話は聞いたことがありませんか?
 
このように、こころの病は身体の病にもつながるケースも多いため、メンタルヘルス問題はおろそかにできない、非常に重要な問題になってきます。
 

メンタルの悪化が離職・休職の原因になる

メンタルが悪化することは、更なるメンタル問題を引き起こすケースも懸念されます。
メンタル悪化に伴い、物事を前向きに捉えることが健康な状態の時期より困難となりますが、そうなってしまうことで離職・休職の原因になってしまう可能性もあります。
 
メンタルヘルス問題が深刻であればそれだけ、離職・休職の確立も上がってしまい、そうなることで人員不足・業務回転率の低下という事態に陥ってしまいます。
メンタル問題は放置しておくと更に悪化し、離職や休職の原因につながり、離職・休職者が増加することで、他の従業員の負担も増え、新たなメンタルヘルス不調者が発生する危険性もあります。
 

プレゼンティズムにより労働生産性が低下する

身体が不調な状態で出勤したものの、不調により業務が思い通りにいかなかった経験は、多くの方がお持ちかもしれませんね。
 
出社していても、体調の不調により職務遂行能力が低下している状態をプレゼンティズムといいますが、プレゼンティズムは労働生産性を低下させてしまいます。
メンタルヘルスの不調も、気持ちがふさがりやすい、情緒不安定になる、物事を前向きに考えられなくなるといった特徴がある故、大いなるプレゼンティズムを引き起こすことが懸念されます。
 
メンタルヘルス不調は頭痛や腹痛、めまいや耳鳴りなどの不調を引き起こすケースもありますので、いずれにしてもメンタルヘルスはプレゼンティズムを引き起こしてしまう可能性が高いでしょう。
 

安全性にも影響を与える

時折、業務上の事故のニュースが報道されますが、メンタルヘルスの不調は業務の安全性にも影響を与えるといっても過言ではないでしょう。
 
メンタルヘルス状態が思わしくないことで気が散りやすくなり、集中力が低下し、食欲不振や睡眠不足につながり、そういった事態は業務に多大な影響を与えます。
メンタルヘルス問題は業務上及び、プライベート両方の安全性に影響を与えてしまうでしょうし、特に業務上の事故は企業の責任問題が問われ、世間からのイメージが大きくダウンしてしまいます。
 
安全性に影響を与えるという意味でも、メンタルヘルス問題は重要となり、安全性を管理するためにも企業内のメンタルヘルス管理が重要になってきます。
 

健康経営のためのメンタルヘルス対策


健康経営は現代ならではの取り組みともいえますが、健康経営への取り組み内容として、メンタルヘルス対策は重要になってきます。
健康経営のためのメンタルヘルス対策としてどのような事例があるのか問われても、ピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、これから健康経営のためのメンタルヘルス対策について見ていきましょう。
 

ストレスチェックの実施

ストレスチェックは、従業員数50人以上の企業で年に1度の実施が義務付けられておりますが、このストレスチェックこそまさに、メンタルヘルス対策に欠かせない取り組みになってきます。
 
なぜならストレスチェックをすることで高ストレス者の早期発見・対応をすることができ、それによりメンタルヘルスの早期発見・対策が可能になってきます。
 
メンタルヘルス対策をする前提で、ストレスチェックの実施は大いに重要な取り組みとなってきますし、ストレスチェックは高ストレス者に対し、事後措置まで対応していきますので、メンタルヘルス対策としまして外すことのできない取り組みになってくるでしょう。
 

管理職向けのセミナーの実施

メンタルヘルス対策は、産業医や産業保健師といった専門家がするものというイメージがあるかもしれませんが、管理職の人間もメンタルヘルス対策のための知識を身につけておくことがポイントです。
 
特に管理職となれば、従業員の状況に気を配ることが求められ、日々同じ職場で働いている従業員の状況や変化にも気が付きやすい環境にいるといえるでしょう。
実際メンタルヘルス対策の充実化の中に、管理職が部下の心のケアや職場環境の改善をするラインケアというものが挙げられますが、適切なラインケアのためにも管理職向けのセミナー実施が求められてきます。
 

労働環境の改善

メンタルヘルス対策は、専門家による治療や休養が大切になりますが、労働環境の改善を図ることも同じく重要になってきます。
特にメンタルヘルス問題を抱えながら就業する従業員がいる場合、労働環境を放置するのでは、直接的な解決にはつながりませんし、問題放置することで更なるメンタルヘルス悪化も懸念されます。
 
労働環境の改善をしてこそ、問題改善につながっていきますし、メンタルヘルスの改善・回復のためにも、労働環境改善は重要になってきます。
長時間労働や過重労働、社内の人間関係など労働環境は様々ですが、改善できる部分から1つずつ改善していくことが、メンタルヘルス不調者を減らす対策といえるでしょう。
 

産業医による面談の実施

メンタルヘルス対策には、企業の産業医による面談が大切になってきます。
産業医は専門知識を有し、企業の従業員の健康管理を担う役割があるため、メンタルヘルス対策の第一線に立ち活躍することが求められます。
特にメンタルヘルス不調者や高ストレス者、長時間労働者は産業医と面談をすることがポイントとなってきますが、「たかが面談で何の解決になるのだろうか?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
 
産業医は高い専門知識と経験を持ちますので、適切な助言が期待できますし、必要に応じ就業制限や休職判断、医療機関への受診を促すケースもあります。
自分1人ではアクションを起こすことが困難であっても、産業医と面談を通じ助言をもらい、そこから産業医が企業側にアクションを働きかけることも可能です。
産業医はいわば、企業と従業員をつなぐパイプ役にもなり、産業医と面談をしてこそ状況改善が見込まれる可能性もあります。
 
そういった意味から考慮しましても、産業医による面談の実施はメンタルヘルス対策として重要な取り組みになるのではないでしょうか?
 

産業医を探すならAvenir産業医

メンタルヘルス対策におきまして欠かせない存在といえる産業医ですが、そのためにメンタルヘルス問題に強い産業医をお探しの方も多いのではないでしょうか。
ストレス社会と揶揄される現代社会におき、メンタルヘルス対策に期待できる産業医の存在は重要となり、そのためにも産業医の選任は大切になってきます。

 
・メンタルヘルス対策に強い産業医なら、Avenir産業医
 
メンタルヘルス対策ができる産業医をお探しでしたら、休職を予防できる、「未来型産業医」を紹介しているAvenir産業医でお探しになられてみてはいかがでしょうか?
Avenirは、メンタルヘルス対策に対して強みを持っており、そのためにも「未来型産業医」の紹介を実施しております。
 
未来型産業医を紹介するために、代表自らが年間数百名もの産業医たちと面接をした上で、厳選した産業医のみを在籍させております。
代表の実施する面接の通過率は20%未満ですので、Avenirの産業医たちは、まさに選び抜かれた優秀な産業医たちといえるでしょう。
従業員に寄り添った面談ができ、従業員や企業に適切な指導・助言が期待でき、医学知識や社会問題につきましても、常に学びの姿勢を取る産業医たちが、Avenirには揃っております。
 
・スタッフの「もれなく」「すきまなく」業務支援
 
Avenirでは多数の産業医たちの中から、それぞれの企業にマッチングした産業医を探し出し、選任・設置していきます。
産業医選任後も、産業医との関係性のフォローをしていき、産業医がスムーズに業務に入ることのできるよう、産業医に対するフォローも実施していきます。
様々な制度を立ち上げるためのサポートも対応していきますので衛生委員会の立ち上げや人事向けプログラムの実施、復職プログラムの運用などございましたら、お気軽にご相談ください。
万が一、産業医の交代が発生しましたら、無償で対応させていただきます。
 
・メディア掲載・出演実績
 
Avenirはメディア出演・掲載実績もありますが、Yahoo!ニュース様では、メンタルヘルスについて記述しました代表の記事を取り上げていただいた実績を持ち、代表と顧問産業医は日テレNEWS24様に出演させていただいた経験もあります。
その他にも多数のメディア掲載実績を持つAvenir産業医ですが、日本全国に対応していることも強みポイントといえるでしょう。
メンタルヘルス対策のできる産業医をお探しでしたら、メンタルヘルス問題に強いAvenir産業医で、休職予防対策のできる未来型産業医をお探しになられてみてはいかがでしょうか?
 

まとめ

メンタルヘルス対策は重要であり、健康経営の取り組みに欠かせない対策になってきます。
ストレス社会である現代、メンタルヘルス対策は注目されており、そのための取り組み事例も企業により様々になってきますし、今後は新たな取り組み事例も出てくるのではないでしょうか。
 
メンタルヘルス対策をより幅広くしていくためにも、健康経営をスムーズに実践するためにも、メンタルヘルス問題に強い優秀な産業医の存在が重要になってきます。
メンタルヘルス対策を強化していくためにも、企業と産業医が二人三脚になり、メンタルヘルス問題に取り組むことが、今後はより求められてくるでしょう。
メンタルヘルスの早期対策のためにも、メンタルヘルス問題に強い産業医を設置してみませんか?
 
休職を予防するための未来型産業医紹介ならAvenir

相談イメージ

悩む前に一度相談してみませんか?

「今の産業医に不満があるけど、これってどこも同じ?」
「ほかの会社の産業医って何やってるの?」
「こんな悩み有るけど、これって産業医を頼っていいの?」
など、小さなお悩みから他社の事例など、お気軽に相談ください。

産業医の新規契約をまだ検討していない方も、お気軽に悩みを 聞かせてください。産業医の紹介以外でも、お役に立てるかもしれません。

無料相談はこちら