Avenir産業医は健康経営をコンサルティングする産業医集団

健康経営をコンサルティングする産業医集団

Avenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

4つのメンタルヘルスケアを知っていますか?

2018.07.22メンタルヘルス

メンタルヘルスケアの基本とされている4つのメンタルヘルスケアを知っていますか?4つのメンタルヘルスケアを知ることで職場のヘルスケア対策の基本を知っていきましょう。

4つのメンタルヘルスケアってなに?

 メンタルヘルスケアは、「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」及び「事業場外資源によるケア」の「4 つのケア」を基本とします。この4つが継続的かつ計画的に行われることが重要です。

セルフケア

事業者は労働者に対して、次に示すセルフケアが行えるように支援することが重要です。また、管理監督者にとってもセルフケアは重要であり、事業者はセルフケアの対象として管理監督者も含めましょう。

  • ストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解
  • ストレスへの気づき
  • ストレスへの対処

ラインによるケア

  • 職場環境等の把握と改善
  • 労働者からの相談対応
  • 職場復帰における支援、など

事業場内産業保健スタッフ等によるケア

事業場内産業保健スタッフ等は、セルフケア及びラインによるケアが効果的に実施されるよう、労働者及び管理監督者に対する支援を行うとともに、次に示す心の健康づくり計画の実施に当たり、中心的な役割を担うことになります。

  • 具体的なメンタルヘルスケアの実施に関する企画立案
  • 個人の健康情報の取扱い
  • 事業場外資源とのネットワークの形成やその窓口
  • 職場復帰における支援、など

事業場外資源によるケア

  • 情報提供や助言を受けるなど、サービスの活用
  • ネットワークの形成
  • 職場復帰における支援、など

(参考:厚生労働省 職場における心の健康づくり)

このように一人の人がメンタルヘルスケアに対して対応するのではなく、様々な人が関わることでメンタルヘルスケアの対策となります。

メンタルヘルスの不調は本人の自覚も大切

企業には社員のメンタルヘルスに対して対策が必要ですが、以外と知られていないのが社員本人にも自分のメンタルヘルスを守る責務があります。
セルフケア研修を社員に受講させることによってストレスに対しての理解やメンタルヘルス不調があった場合にどうすればよいのかなど自分の身を守るための方法を伝える必要があります。

労働者による自発的な相談とセルフチェック

事業場の実態に応じて、労働者の相談に応ずる体制を整備するとともに、事業場外の相談機関の活用を図るなど、労働者が自ら相談を受けられるよう必要な環境整備を行いましょう。また、ストレスに関する調査票や情報端末機器等を活用して、セルフチェックを行うことができる機会を提供することも効果的です。(参考:厚生労働省 職場における心の健康づくり)

ラインケアで周りが気づく体制に

 管理監督者は、日常的に、労働者からの自発的な相談に対応するよう努めましょう。特に、長時間労働等により疲労の蓄積が認められる労働者などからは、話をよく聴き、適切な情報を提供し、必要に応じ事業場内産業保健スタッフ等や事業場外資源への相談や受診を促しましょう。事業場内産業保健スタッフ等は、管理監督者と協力して、労働者の気づきを促すよう、保健指導、健康相談等を行うとともに、必要に応じて事業場外の医療機関への相談や受診を促しましょう。