他社との違い


メンタル問題に特化した産業医集団だから選ばれる

コンセプトは「メンタル問題の解決」

産業医の質

産業医の選定方法・質の保証

産業医としての研鑽

他社 名義貸し、面談するだけ、人あたりがよいだけの産業医 条件マッチングシステムの為、産業医としての選抜基準が緩慢 資格だけ持ち、スキルのアップグレードがされない産業医
Avenir メンタル問題の解決に特化
メンタル疾患も癌などの身体的な疾患も未然に防ぐことが何より大切になります。職場環境、本人の状態、生活背景、様々な要因を総合的に判断しいち早く察知、具体的な改善提案を行うことが可能です
弊社代表がひとりひとり面接
年間数百を超える医師と会う弊社の代表が、産業医とひとりひとり面接を行い産業医としての質を判断。コミュニケーション力は当然ながら産業医として、組織毎に異なる課題に対する解決能力、提案能力があるかを独自のチェック基準で厳しく選定。
産業医グループの連携による知識の共有体制
メンタル問題における様々なケースに対応するために弊社で契約している顧問産業医及び各領域の専門家同士でのスキルを共有。定期的に「産業医ラウンジ」セミナーを弊社にて開催。社を上げて産業医としての質をより高みに目指すべく日々研鑽を行っています。

料金プランを見る

 
 

産業医実務以外にも労働環境の改善の為に従事

メンタル疾患対応に長けている産業医をご紹介

セルフケア・ラインケア研修も可能

メンタル疾患コンサルティングの実績

メンタルヘルス疾患に対応できるよう弊社では「組織力の向上」という観点から産業医を選んでいます。単なる臨床による診断と違い、組織全体を俯瞰的にみる能力、また対応が必要な社員個々の背景を読み取る力に長けた産業医ばかりです。社員ひとりひとりにかける面談をもっと有意義にしたいとお考えの企業様に大変好評をいただいております。 弊社では組織の健康を考え、弊社オリジナルのラインケア、セルフケア研修を行っております。組織を変えるには産業医だけではなく組織全体の意識改革が重要です。また、組織別の特性によって必要なラインケア・セルフケア研修も異なります。デスクワークが多い企業に必要な研修、製造業に必要な研修など様々な研修をご用意しております。 弊社独自システムにより社員のメンタル疾患リスクを洗い出すことが可能です。どういった社員がメンタル疾患リスクが高くなるのか、未然に休職リスクを防ぐにはどうすればよいのかを企業別に診断。いまの現状分析、将来的な改善ポイントはどういった部分なのかを過去のデータからロジカルに分析いたします。

メンター産業医のご紹介

弊社ではメンター産業医として全国でも有名な三宅先生に監修いただいております。

三宅琢

三宅琢
産業医兼株式会社Studio Gift Hands 代表取締役
2014 株式会社 Studio Gift Handsを設立し、代表取締役に就任。眼科医・産業医として、視覚障害者向けの情報サイトを運営し、グッズの開発やアプリ紹介を行う。病院・福祉施設等では、視覚障害者ケアに関するiPad導入のコンサルティングも行っている。また、全国のアップルストアや盲学校などで行っているiPad活用法の講演は、分かりやすいと定評がある。
医学博士、日本医師会認定産業医、日本眼科学会眼科専門医、産業衛生専攻医、メンタルヘルス法務主任者、ヘルスケアコンサルタント、iOSアクセシビリティコンサルタント

Newspicks掲載!弊社代表刀禰とメンター産業医による対談
「職場環境にメスを 日本の企業と労働者を守る」

産業医のスキルに都道府県差は出る?

「関東圏ではないけれど良い産業医をご紹介いただだけますか?」というお問い合わせを頂きます。人口が多い分どうしても関東圏に産業医が多いというイメージを持たれがちですがそういうわけではありません。2014年の経済センサス調べでは、産業医一人当たりの事業所数は茨城県が一番多く(産業医が不足しがち)、徳島県が一番少ないという結果に。産業医の事業所比率にはエリアの差はあまり見られませんでした。様々なエリアにいる良質な産業医を弊社の独自のネットワークでエリア問わず良質な産業医をご紹介。エリアによる産業医の差は一切ありません。ぜひお気軽にご相談ください