産業医を変更するには??手続き手順をイチから解説!|Avenir産業医
           

契約事業所数、1500事業所突破

Avenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

産業医を変更するには??手続き手順をイチから解説!

2019.06.17手続き


産業医は労働者の健康を守るために様々な役割が課せられています。

企業に所属する産業医が優秀であれば、その分働きやすい労働環境が整いやすくなります。

 

しかし残念なことに、自身の役割をしっかりと果たしていない産業医も中には存在するようです。

 

そのため「企業に設置している産業医を変更したい」と考えるケースもあるでしょう。産業医を変更する場合は、どのような手続きをしていけば良いのでしょうか。

 

今回は、産業医の変更手続き手順にスポットを当てながら、色々と解説していきたいと思います。

 

1.今の産業医を変更するには?【手続き手順】

「産業医を変更したい」と考えても、変更に伴い、どういった手続きをすれば良いのか分からない方もいるでしょう。

 

産業医の選任手続きを経験した方でなければ、全くイメージが沸かないかもしれません。

 

まず初めに、今の産業医を変更するための流れを説明したいと思います。

 

【変更したら速やかに手続きを】

50名以上の従業員が勤務する事業所は、産業医を設置する義務があります。

 

そのため産業医を変更する場合は、今の産業医を解任してから14日以内に新たな産業医を選任する必要があります。

 

産業医を選任する際、書類作成などが必要でした。産業医を変更する場合もまた、同様の手続きが必要となります。

 

新しい産業医の選任に必要な書類の作成・提出も14日以内に済ませる必要があるため、迅速に対応するようにしましょう。

 

では今の産業医を変更するためには、どのような手続き・手順を取れば良いのでしょうか。

 

【労働基準監督署に変更届を提出する】

産業医を選任した時と同じように、必要な書類を労働基準監督署へ提出する必要があります。

 

その際、どのような書類が必要になってくるのでしょうか。

 

①産業医選任報告書

そこで必要になってくる書類が、「産業医選任報告書」です。

 

この書類に、前任産業医の氏名、辞任・解任年月日を記入し、変更後の産業医の氏名と生年月日、選任時期などの必要情報を記入します。

 

産業医の情報以外に、事業所の情報についても記入する必要があるため、確認しておきましょう。

 

産業医選任報告書は厚生省のサイトからダウンロードすることも可能です。

 

②医師免許証のコピー

 

③産業医認定証か労働衛生コンサルタント登録書のコピー

後任する産業医の情報も必要となるため、これらの書類も用意しなければなりませんが、いずれも写し(コピー)で問題ありません。

 

2.産業医を変更したくなる理由


産業医を変更したくなる理由は企業によって様々でしょうが、その代表的な理由を挙げてみましょう。

 

2.1産業医自身が役割を理解していない
産業医は、より専門的な知識を有する職業になるため、実に様々な役割があります。

 

職場巡視や労働者との面談はもちろん、健康診断結果のチェックや衛生委員会への参加など、その内容は実に多種多様です。

 

ところが産業医としての役割を理解せず、まるでアルバイト感覚で業務をしている産業医も、悲しいことに存在します。

 

・メンタルヘルスケアをしない

特に、今の時代はストレスによるメンタルヘルス問題が深刻化しているため、メンタルヘルスケアも産業医の重要な役割になってきます。

 

産業医によっては、メンタルヘルスケアを重要視しておらず、中にはメンタルヘルスの病に対して、未だに偏見を持っている産業医もいるかもしれません。

 

メンタルヘルス問題は深刻で、それに伴い産業医のニーズも高まったといっても過言ではありません。

 

メンタルヘルスケアをしない産業医は、産業医としての役割を理解していないといえるかもしれません。

 

・衛生委員会の出席率が良くない

衛生委員会への出席は強制ではありませんが、参加することが望ましいとされています。

 

「強制参加ではない」とはいえ、全く参加しない産業医も、当然印象はあまり良くないでしょう。

 

衛生委員会に参加して必要な意見を述べることも、産業医として大切な役割です。

 

2.2面談でのアドバイスが適当
これまで、多くの方が様々な医療機関を受診した経験があると思いますが、医師によっても対応は様々です。

 

医師により救われた方もいれば、医師の言動で嫌な経験をした方もいるでしょう。

当然、医師も人間ですので、様々な医師が存在しますが、産業医もまたピンキリになります。

 

では面談でのアドバイスが適当な産業医は、どのような対応をしてしまうのでしょうか。

 

・寄り添った対応ができない

良い産業医は労働者と面談をする際、相手の話をしっかり聞いた上で寄り添った対応をし、知識を活かしたアドバイスや助言をすることが大切です。

 

しかし、ただ「聞いたふり」をしながら、どの労働者に対してもテンプレートのような同じアドバイスをしている産業医は適当と思われてしまっても仕方ありません。

 

労働者との面談で、いかにもやる気のない対応をすると、労働者にも見抜かれるでしょう。そうなってしまうと労働者も、「この産業医には何を言っても無駄だ」と諦めてしまう可能性も十分考えられます。

 

産業医は労働者の健康管理のため、労働者と面談を通じて現状を把握し、その上で適切な指導や助言をすることが大切です。

 

労働者の現状を知ることはもちろん、お互いの信頼関係を築くためにも、産業医には労働者に寄り添った対応をすることが求められてきます。

 

労働者に寄り添った対応を心掛けている産業医こそが、自分に課せられた役割を理解できている産業医といえるでしょう。

 

・偏ったアドバイスをしてしまう

産業医によっては視野が狭く、自分の価値観でしか物事を見られない産業医も存在します。

 

「病は気からだ」といった指導をしたり、「薬は良くない」と医療機関の受診を薦めず、民間療法的な治療を推進するなどの産業医は、偏ったものの見方をしている可能性があります。

 

治療法や考え方は人それぞれで、医療的治療以外の方法が良い方もいるかもしれませんが、1人1人に合ったアドバイスをすることが産業医の大切な役割になってきます。

 

産業医は、偏ったアドバイスをしないためにも、広い視野を持つことが大切です。

 

2.3そもそも面談をしてくれない
産業医は、「面談が必要な労働者」と面談をすることが義務付けられています。

 

長時間労働者や高ストレス者、希望者と面談をすることは、労働者たちの負担を軽減させるためにも必要不可欠です。

 

・長時間労働者と面談をしない

「面談の時間が取れない」といった理由で、長時間労働者が産業医と面談ができない事態も発生します。

 

そのような場合に見て見ぬふりをするのではなく、産業医は面談をする時間を取るように働きかけることが大切です。

 

・高ストレス者と面談をしない

メンタルヘルス問題は重要であると同時に、デリケートで難しい課題になります。

産業医によっては、メンタルヘルス問題に対して逃げ腰になってしまうかもしれません。

 

しかし、精神科が専門でなくとも、産業医は「高ストレス」と判断された労働者と面談をする必要があります。

 

そもそも、労働者との面談をしない産業医は役割を果たしていないと表現しても良いでしょう。

 

労働者との面談は産業医の大切な役割です。

 

面談をしようとしない産業医は産業医としての意味を成さず、まさに「名ばかりの産業医」になりかねません。

 

3.産業医の変更手続きができないケース


産業医の変更をしたくなる理由は企業によってそれぞれです。

 

しかし、様々な理由により、産業医の変更手続きができないケースもあるといわれています。

 

それは一体どういうことなのか、触れてみたいと思います。

 

・次の産業医が見つからない

産業医を変更する場合、産業医を解任してから14日以内に次の産業医を選任して必要書類を提出する必要があります。

 

そのため、次の産業医が見つからない・見つかる心当たりがない場合は、産業医の変更手続きができない状態に陥ってしまいます。

 

産業医を変更したいと考えたら、まずは次の産業医を探し始める必要があります。

 

・義理やしがらみがある

知り合いの産業医に直接依頼をした、知り合いに産業医を紹介してもらった場合は、なかなか産業医の変更手続きを踏み切ることができないでしょう。

 

義理やしがらみがあればその分、産業医の変更手続きをするにもためらいが出てしまいます。

 

4.優秀な産業医を見つけるには??


産業医を選ぶ時は、優秀な産業医を選任して設置することが大切です。
 

優秀な産業医は事業所の安全と改善、労働者の健康管理のために日々学び、話を聞き、適切な対応をしています。

 

優秀な産業医を設置することで、産業医としての大切な業務を長期的にこなしてくれるでしょう。

 

では優秀な産業医を見つけるには、どうすれば良いのでしょうか。

 

4.1産業医紹介サービスを利用する
優秀な産業医を探す際に、最もスムーズで確実な方法は「産業医紹介サービス」を利用することです。

 

企業側で探す必要がないので、産業医を探す手間が省けると同時に、産業医選任に必要な書類作成や提出の代行も対応してくれる場合があります。

 

普段忙しく業務に携わる事業所は、産業医紹介サービスに依頼をすると、時間に対する大きなコストカットになるでしょう。

 

また、産業医紹介サービスに依頼をすれば産業医との間に余計なしがらみも無いため、変更したくなった場合もスムーズに話が進むでしょう。

 

4.2知人から紹介してもらう
知人に頼んで産業医を紹介してもらう探し方もあります。

 

産業医に心当たりのある知人に依頼をする方法はもちろん、地域の医師会に依頼をする方法や、健康診断実施機関に依頼をする方法もあります。

 

ただし、この方法は限られた産業医しか紹介してもらえないので、優秀な産業医と縁があれば良いですが、そうでなければ後々厄介になってしまう可能性があります。

 

5.優秀な産業医への変更なら【Avenir産業医】

優秀な産業医に変更したいとお考えなら、一度「Avenir産業医」で相談してみませんか。

 

5.1Avenir産業医について

まずはAvenir産業医についてご紹介していきます。

 

Avenirとはフランス語で「未来」を意味しますが、その名の通りAvenir産業医は未来型サービスを提供しています。

 

近年ではストレスによる休職が増えていますが、Avenirは「休職を予防する」をモットーにサービスを提供しています。

 

休職や退職を予防するために大切なことは、優秀な産業医を選任することです。

 

優秀な産業医が労働者に対して適切な面談、指導をすることで、休職・退職は予防されます。

 

【Avenir産業医の強み】

未来型サービスを提供しているAvenir産業医には様々な強みがありますが、特に大きな強みを紹介しましょう。

 

・メンタルヘルス問題に強い

Avenir産業医はメンタルヘルス問題に特に力を入れているため、ストレスチェックやメンタルヘルス対応も実施しています。

 

メンタルヘルス問題に強い産業医が在籍していますので、ご安心ください。

 

・全国に対応

全国に対応しており、北海道から沖縄まで1,000事業所以上の実績があるため、地方に事業所がある場合もまずは一度お問い合わせください。

 

スタッフが事業所のお話を伺いながら、よりマッチした産業医を選んで紹介いたします。

 

・産業医変更も可能

産業医を変更したい場合は無償で対応していますので、より安心してご利用頂けます。その際に必要な書類作成や提出の代行も、もちろん対応しております。

 

・スタッフも全力で対応

スタッフは優秀な産業医を企業に紹介するだけではなく、アフターフォローにも力を入れています。

 

産業医との関係性のフォローや産業医訪問日程の調整、各種制度づくりのサポートまで手広く対応しています。

 

5.2優秀な産業医が豊富!
Avenir産業医の最大の強みは「優秀な産業医が多数在籍している」というところにあります。

 

優秀な産業医を見抜くポイントは、多くの方が存じていません。

 

そのため、優秀な産業医を見抜くためには「優秀な産業医について知る」必要がありますが、実際に産業医として勤務しなければ優秀かどうかは多くの方が分からないでしょう。

 

Avenir産業医は、代表が直接、産業医たちと面接をしています。

 

年間数百人もの産業医たちと面接をしている代表だからこそ、優秀な産業医を見抜くポイントを知り得ており、その中で厳しい面接をしていきます。

 

そこから選び抜かれた産業医たちがAvenirに在籍していますが、面接通過率は何と20%未満になります。

 

Avenirに所属する産業医たちは、その20%に所属する優秀なプロフェッショナル集団なのです。

 

6.まとめ

産業医を変更するには必要な手続きが発生します。

 

産業医を選任する際は優秀な産業医を選任し、長期的に勤務してもらうのが効率的ですよね。

 

優秀な産業医を選任したい場合や、優秀な産業医に変更したい場合は、一度Avenirにお問い合わせください。

 

産業医探しに迅速に対応しながら、必要書類作成手続きの代行にも対応いたしますので、一度ご相談いただければと思います。