健康経営に取り組めていますか?課題への対策方法【まとめ】|産業医のプロ集団|休職者・メンタルマネジメント対応のAvenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

健康経営に取り組めていますか?課題への対策方法【まとめ】

2020.01.10産業医

健康経営に取り組む企業は多く、成功事例も存在しますが、健康経営の成功の鍵は様々な課題に対策していくことといえるでしょう。

健康経営に取り組むに当たってできたらリスクは避けたいもの。事前に生じるであろう様々な課題に対し対策しておくこともポイントになってきます。

それでは各課題への対策方法はどういったものになってくるのでしょうか?

健康経営の中身や健康経営への取り組み手順と併せて、健康経営の課題への対策方法についても紹介します。

 

従業員の休職防止にAvenir産業医

 

健康経営に取り組めていますか?

健康経営の課題やその対策法について見る前に、まずは健康経営の中身を覗いてみましょう。

 

 

  • 健康経営とは?

 

健康経営とは、従業員が健康であることで企業の効率アップが見込まれ、将来的に企業の利益向上に繋がるという概念に沿って、戦略的に従業員の健康管理を実践する取り組みを意味します。

 

健康経営が普及する背景には、過労による病気や事故、休職や退職、不祥事、過労死や過労自殺という悲しい事態があります。

そういった事例を防止・軽減させるためにも健康経営は必要不可欠とされ、実際健康経営に取り組むことで従業員の健康維持や回復に繋がるといわれております。

実際に健康経営に取り組んだことで結果が数値となり出ている企業は多数存在し、それに伴い健康経営も浸透化しているといえるでしょう。

健康経営に取り組むことはもちろんですが、健康経営銘柄・健康経営優良法人に選定・認定されることで企業のイメージアップに繋がり、健康経営に取り組む企業は増加傾向にあるといえます。

 

健康経営は健康維持や回復が期待でき、様々なメリットがあるので取り組みが強化されている傾向にあります。

従業員の健康を守るためにも、企業の将来のためにも、健康経営は大切な取り組みとなります。

あなたの会社では、健康経営に取り組めていますか?

 

 

  • 健康経営は幅広い

 

健康経営という言葉で表現してしまうと専門知識が必要で難しそうな印象がありますが、実は健康経営の取り組み内容はシンプルになります。

健診費用の補助や健診の促し、産業医による面談の強化やメンタルヘルス対策、福利厚生の充実なども健康経営の取り組みの一部となるため、実に幅広いといえるでしょう。

近年では社内の健康イベントや禁煙活動などを実施している企業も多いですが、そういった取り組みも健康経営の取り組みとなります。

実は健康経営の取り組みと気が付いていなかっただけで、健康経営の取り組みを既に実践していた企業も多数存在するのではないでしょうか?

 

健康経営への取り組み手順

いざ健康経営に取り組むにしても、手順を把握していなければ取り掛かれないかもしれませんので、これから健康経営への取り組み手順を見ていきましょう。

 

経営理念・方針への位置づけ

健康経営に取り組むに当たり、経営理念や方針への位置づけをしておくことが必要となってきます。

健康経営へはただ課題に取り組むのではなく、改めて自社の経営理念を再確認した上で方針を定めていきます。

経営理念に基づいた健康経営宣言をした上で、理念をより的確なものにするための取り組みをすることが企業のイメージアップに繋がっていくでしょう。

経営理念や方針、健康経営の方向性が矛盾したものにならないためにも、改めてそれらの位置づけを明確にすることがポイントになってきます。

 

体制づくり、担当者の設置

健康経営に取り組むとはいえ、ただ誰かに丸投げするのではなく、体制づくりや担当者の設置をすることが大切です。

健康経営を社内に推進するための体制づくりをしながら、健康経営に取り組む際の担当チームや担当者を明確にしておく必要があります。

そのためにも社内のみならず社外の専門家に依頼をすることも有効的になってきますので、健康経営に取り組む際に活用できる個人・法人を把握しておくこともポイントかもしれません。

 

現状の把握

健康経営に取り組むためには課題を明確にしておくことがポイントですが、そのためにも社内の現状を把握しておく必要があります。

健康診断結果やストレスチェック結果などで従業員の健康状態を把握し、労働状況で課題となるポイントを見出しながら、改善策を定めていきます。

より多くの従業員の健康維持や回復に繋がる取り組みをすることで成果が期待できますので、そのためにも現状を把握しておくことが重要です。

 

目標と計画の立案

現状を把握したら次は実際に、目標と計画の立案をしていきます。

目標を立てることで計画が立てやすくなり、計画を立てることで実際取り組みやすくなり、結果としてそれは成果に繋がっていくでしょう。

目標があれば従業員も取り組む意欲が向上し、計画があることで1つ1つ実践していくことができ、計画する側も計画立案をすることで新たな取り組みや改善点を見つけやすくなるでしょう。

 

施策の実施

目標や計画を立案したら、実際施策の実施をすることが大切です。

実践することで計画だけでは見えなかった部分が見えてくるでしょうし、それに沿って改善点や見直すべき点も見えてくるのではないでしょうか。

施策を実施することで修正するべき点があれば早い段階で修正をし、修復することも可能となるでしょうし、新たな発見もでき、同時に次のアイデアや新たな取り組みについても見えてくるかもしれません。

 

結果の評価

施策の実施後はただ結果を把握するだけではなく、評価をしていくことが今後継続的に取り組む際のポイントになってきます。

反省点があれば改善・修正をしていき、次に繋がるより良い取り組みに向かうかもしれません。

1つのことに取り組めたら結果の評価をして次に繋げていくことが、持続的に健康経営に取り組むヒントになってきます。

 

健康経営において生じやすい課題

健康経営は一見難しそうに見えますが、取り組み内容は実に幅広く、どこからでもスタートを切ることが可能です。

けれどもいざ取り組むに当たって、何かと壁が生じてしまいますが、それはどうしてでしょうか?

経営陣の一部が消極的

健康経営に取り組むためには担当者を設置し、計画を立てることがポイントですが、日常業務が忙しければそれだけ、経営陣の一部の人間は難色を示すかもしれません。

保守的な環境であればそれだけ新たな取り組みに躊躇するかもしれませんし、実際健康経営に長期的に取り掛かるとなると、企業側の経費もかかってきます。

 

将来的に見れば健康経営にかかる経費は必要経費で、トータルコストとして黒字が見込まれるでしょうが、短期的に見てしまうとコストがかかるように思われがちです。

実際健康経営は良い点が多いのですが、表面だけざっと見てしまうことで短絡的に良くない点が見えてしまい、それにより取り組みに対し消極的となる経営陣がいることも否定できません。

 

従業員からの理解が得られない

会社側が健康経営について開示したところで、従業員からの理解を得られないことも多いでしょう。

日業業務が忙しく同時にプライベートを優先したいため、健康経営に対し積極的に参加をしない従業員もいるかもしれません。

健康経営と言葉にしてしまうことで堅い印象があり、健康経営の中身をあまり伝えないことで、従業員からの理解を得られにくくなってしまうかもしれません。

 

目標・計画の実現可能性が低い

健康経営へは、実現可能な課題に取り組むことが大切です。

目標・計画に取り組むに当たり、それが実現可能なテーマであればより取り組みやすいですよね?

目標は取り組みやすい部分から取り組み、実現することで次の取り組みへの自信や意欲にも繋がっていきます。

けれども実現可能性が低い課題に取り組んでしまうと、当然思うような成果は出ず、参加者も取り組みに対し消極的となってしまうでしょう。

 

結果の良し悪しを判断できない

施策実施後の結果がどうなのか判断ができなければ適切な振り返りができず、次に繋がる目標や計画を立てることもできません。

持続的に取り組むためには結果の良し悪しを判断できるように、事前に対策をしておく必要があります。

 

健康経営の課題への対策

健康経営において生じやすい課題は様々ですが、それではこういった課題への対策方法として、どのような事例が挙げられるのか見ていきましょう。

 

対策1:社内は他社の成功事例で説得する

いざ健康経営に取り組むとしても、従業員の理解を得られなければ参加率も少なく、成果も薄くなってしまうでしょう。

そのためにも従業員の理解を得ることが大切ですが、他社の成功事例を挙げて説明することで説得力も増すのではないでしょうか?

検診受診率や禁煙率アップ、メタボ率ダウンなど成功事例は様々ですが、実際数値化されたデータを基に成功事例を述べることで、従業員の理解も得られやすくなってくるでしょう。

 

対策2:健康経営1期目はできることから始める

健康経営にまず初めに取り掛かる際には、できることから始めることが大切です。

突然難易度が高い課題に取り組むよりも、「これならできそうだ」という課題に取り組むことで従業員も参加しやすくなり、実際に成果も出るでしょう。

これまで社内に事例のないことに対しスタートすることは難しく、0から1に持っていくことが一番困難といわれております。

そのため健康経営1期目は、できることから始めることが今後継続的に取り組むためのポイントになってくるでしょう。

できることから始めることで成果が出ますし、取り掛かれたことや成果が出たことで達成感が誕生するでしょうし、次に繋がっていくのではないでしょうか?

 

対策3:他社のまねでもいい

健康経営に取り組むためには他社の事例を参考にすることがポイントですが、他社の事例参考を「人まね」「パクリ」と捉えてしまい、躊躇するケースもあるかもしれません。

そのため自社のオリジナル施策を掘り下げて考え、堂々巡りに陥ってしまうケースもあるかもしれません。

けれども健康経営は、まずは他社のまねでも構わず、そこに少しずつ自社のオリジナル要素を加えていけばより良い施行になるのではないでしょうか?

他社の成功事例は自社の成功事例に繋がる第一歩となるため、参考にできる部分は大いに参考にし、取り入れていけば良いのではないでしょか?

 

対策4:プロの力を借りる

健康経営に取り組むに当たり、社内の人間だけではどうしても限界があるでしょうし、特に初めて取り掛かる際は右も左も分からず、右往左往するかもしれません。

このような場合はプロの力を借りることで様々な助言をもらい、スムーズに計画を立て実践することができるかもしれません。

 

活用できるプロの存在

健康経営において活用できるプロは様々です。

健康経営の必要性を伝え、実践のきっかけを促す健康経営アドバイザーは、東京商工会議所を介して5回まで無料で利用することが可能です。

より密着したサービスが受けられ、自社に適切な助言が期待できる健康経営コンサルティング企業の活用をすることも、健康経営成功例を生み出すきっかけになるかもしれません。

医学的知識を持つ自社の産業医の活用をすることは、より専門的な助言が期待できますし、従業員の健康管理を担う産業医だからこそより専門的な助言も期待できるのではないでしょうか?

 

産業医を探せる「Avenir産業医

健康経営の課題への対策方法としまして、産業医の活用をすることはより有効的となってきます。

自社に産業医が設置されていれば、健康経営対策の場において活用しない手段はないでしょう。

健康経営対策に当たり産業医を活用したい場合、有能な産業医であればそれはより有効的になってきますが、そのためにも自社に有能な産業医を設置することが前提となります。

この機会に改めて産業医を見直したい場合や、新たに産業医を設置したいとお考えの場合、「Avenir産業医」で産業医探しをご検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

健康経営は、企業の将来性を考慮した取り組みとなりますが、Avenir産業医では「休職を予防する未来型産業医」の紹介を実践しております。

将来的な従業員の健康や企業の利益をお考えでしたら、Avenirで未来型産業医を探してみてはいかがでしょうか?

Avenirに在籍している産業医は、通過率20%未満の厳しい面接を突破したプロ集団となり、在籍する産業医たちのカラーも英語に堪能な産業医や女性産業医、精神科医の産業医など様々です。

その中から自社により適切な産業医を選任することができますので、産業医とよりマッチングするために、取り組みに差が発生しないためにまずはスタッフによるヒアリングを実施していきます。

産業医選任後もスタッフによる各種サポートやフォローをしていきますので、何かございましたらどうかご遠慮なくご相談いただければと思います。

日本国内全国に対応しておりますので、よろしければまずは一度お問い合わせください。

 

従業員の休職防止にAvenir産業医

 

まとめ

健康経営に取り組むためには様々な課題がありますが、1つ1つ対策していくことが大切で、そうすることでより理想的な健康経営に取り組むことができるのではないでしょうか?

適切な対策をすることで壁を乗り越えることができ、そうすることで成果が出ると同時に、企業内の連帯感もより深くなっていくかもしれません。

健康経営はより多くの人間が参加することで効果が得られますが、そのためにも専門知識を有し従業員の健康状態を把握している産業医の存在は欠かせなくなってくるでしょう。

健康経営の課題への対策をしていくためにも、対策対応ができる有能な産業医の選任をご検討してみてはいかがでしょうか?