産業医仲介サービスとは?企業が置くべき優秀な産業医とは|産業医のプロ集団|休職者・メンタルマネジメント対応のAvenir産業医
           

契約事業所数、1500事業所突破

Avenir産業医

受付時間 9:30~18:00(土日祝を除く)

03-6277-8590

産業医仲介サービスとは?企業が置くべき優秀な産業医とは

2019.05.27産業医

従業員を派遣社員として雇うために、派遣会社に依頼をする企業も多くあるでしょう。

それと同様に、産業医を探すための産業医仲介サービス会社も存在します。

ところでこの産業医仲介サービスについて、大まかにどのようなサービスをしているのか良くわからない方もいるかもしれません。

そして「優秀な産業医って、どんな産業医?」と尋ねられてもぱっと答えられない方もいるかもしれません。このコラムでは、産業医の仲介サービスの内容について簡潔に触れながら、企業に必要な優秀な産業医について述べてみたいと思います。
優秀な産業医を探すならAvenir

 

企業の重要人物”産業医”とは

社員たちが健康に快適に働くために重要なポジションにいるのが、産業医という存在です。

産業医は企業の安全と発展、そして従業員たちの健康管理と安全を守るために業務に励んでいます。

 

産業医を設置する条件


産業医は事業所に50名以上の従業員が勤務している場合に設置する必要があります。

また企業で働く従業員が多ければそれだけ産業医が必要になってきます。

 

そのため会社で働く社員たちの人数によって、嘱託産業医か専属産業医のどちらを設置するか異なってきます。

 

【1名以上の嘱託産業医を設置する条件】

嘱託産業医とは、普段は医師として勤務する傍ら、月に1~数回事業所訪問をする産業医のことをいいます。

従業員が50人以上999人以下の事業所は、嘱託産業医を設置する必要があります。

 

【1名以上の専属産業医を設置する条件】

専属産業医とは、そこの企業に専属の産業医として勤務する産業医のことをいい、週に3~5日ほぼフルタイムで企業に属しています。

そのため事業所内部の様子をよく把握することができ、従業員たちもより安心して働けるでしょう。

従業員が1,000人以上の事業所は、この専属産業医を設置する必要があります。

 

【2名以上の専属産業医を設置する条件】

従業員が3,001人以上の大きな事業所と、有害業務に携わる従業員が500人を超える事業所は2名以上の専属産業医を設置する必要があります。

人数が多い、有害業務に関わる人物が多ければそれだけ専属産業医の存在が必要になるということです。

 

産業医は何故重要??

 

ところで産業医の存在は、どうして重要になってくるのでしょうか。

 

【職場環境の把握】

産業医は、職場環境を把握しておく必要があります。

とくに高所作業が多い、有害業務に関わる仕事内容の場合は特に産業医の必要性が高いといえるでしょう。

その理由として、産業医は危険と隣り合わせの事業所を定期的に巡視することで、専門的な視点から誰よりも問題点に気付くことが大切です。

また問題点をただ指摘するだけでなく、改善に向けた適切な指導をすることも産業医としての力が試される場面といえるでしょう。

 

【従業員の健康管理】

産業医はその専門的な知識を活かし、従業員の健康管理をする必要があります。

とくに長時間従業員や健康診断結果が思わしくない従業員、高ストレスの従業員と面談をし、適切な指導やアドバイスをすることが大切です。

従業員は産業医に抱えている悩みを相談することで気持ちが楽になるかもしれません。

 

中には誰にも相談できなかった悩みを信頼できる産業医に相談したことで、気持ちが楽になるというケースもあるでしょう。

 

また健康管理について産業医から適切な指導を受け、改善に向かうことも考えられます。

従業員との面談は、まさに産業医としての力量が試される現場であるかもしれません。

様々な事情を抱える従業員に対し、いかに適切なアドバイスができるかが重要になってくるでしょう。

 

【事業所と従業員のパイプ役になる】

産業医は従業員から相談を受けたら、必要な情報を事業所に提供することが大切です。

そこから、長時間従業員に対しては労働時間を減らす、業務内容の負担を減らすなど対策をすることが可能になるでしょう。

また人間関係における悩みなども、人事異動などで上手に配属することで解消されるかもしれません。

 

【産業医には様々な役割がある】

そして産業医には、色々な役割があります。職場巡視や面談、健康診断結果のチェックやストレスチェック、衛生委員会の参加など、実に多岐に渡ります。従業員の健康を守るために、産業医はたくさんの役割をこなし、1人1人としっかり向き合う必要があります。

 

優秀な産業医の条件

では次に、優秀な産業医の条件について見ていこうと思うので参考にしてみてはいかがでしょうか。

社員目線で相談してくれる

 

これはどこの会社でも共通するポイントかもしれませんが、社員目線で相談に応じてくれる産業医こそ本当に選ばれる産業医です。

ではなぜ、社員目線で相談してくれる産業医が優秀なのでしょうか。

 

【相談がしやすい】

 

産業医というと、「上から目線ではないのか」と考える方もいるかもしれません。

また傲慢な態度の産業医やバイト感覚で勤務している産業医になると、相談しにくいか、相談しても無駄な状態になってしまうかもしれません。

そのため、社員目線で相談に応じてくれる産業医こそ、今現在求められる優秀な産業医といえるでしょう。

同じ目線の産業医なら、気軽に色々な相談ができるでしょうし、相談することにより気持ちも楽になるかもしれません。

また相談を通じて解決策が導かれるかもしれないし、そうなることで信頼関係も生まれるでしょう。

【気持ちに寄り添える】

 

病院に行ったら適当な対応をされて傷ついた経験のある方もいるかもしれません。

適当な対応や横柄な対応をする医師よりも、気持ちに寄り添ってくれる産業医のほうがかかりたいと思う想いは、多くの方に共通するポイントでしょう。

 

そのため、社員目線で従業員の気持ちに寄り添える産業医が本当の意味で優秀といえます。

 

【必要なことだけを報告してくれる】

 

優秀な産業医は面談の内容について、必要なことだけを企業側に報告してくれるでしょう。

もしかしたら中には、雑談の中で出た余計なことまで会社側に報告してしまう産業医もいるかもしれません。

しかし本当に社員目線で相談に応じてくれる産業医とは、社員目線で考えて必要なことだけを事業所に報告する産業医です。

報告してもらいたくない内容については秘密厳守ができる、そんな線引きがしっかりできる産業医が本当に優れた産業医といえるでしょう。

社員目線で相談してくれる産業医なら、従業員も悩み相談がしやすいでしょう。

そこからより良い労働環境の実現をするべく動くことも可能になります。

より良い企業を目指すのなら、社員目線で相談できる産業医を選任することが大切です。

 

厳しい審査を通過している


産業医も人間なので、色々な人材がいます。

産業医の認定を得ることは、必要な条件をクリアすれば可能です。

けれども「産業医の資格を持っているから」という安易な考えで産業医を選任することはある意味危険な賭けになるかもしれません。

中には従業員たちに対して見当違いの指導をする、傷をえぐるアドバイスを悪意なくしてしまう産業医もいるかもしれません。

 

「産業医の資格があるから」という理由で選ぶのではなく、「厳しい審査を通過している産業医だから」選任することが優秀な産業医を選ぶ上で大切なことといえるでしょう。

しかし一般の人間が、産業医に対して厳しい審査を行うことは困難です。

そのため、産業医仲介サービスなどで、厳しい資産を通過している産業医を探すようにすることが良いかもしれません。

 

衛生委員会参加頻度が多い

 

産業医の任務の一環として、衛生委員会への参加がありますが、衛生委員会への参加は必須ではありません。

参加できなかった産業医は後日議事録で、どのような話をしたのか把握する必要がありますが、それでも参加頻度が多い産業医のほうが信頼ができるでしょう。

さて、それはどうしてでしょうか。

 

【真剣に業務をしている証でもあるため】

参加頻度が多い産業医は、企業内の問題を改善に向けていくために、そして従業員の健康を守るために日々業務に励んでいます。

そのため、本気で産業医という仕事に誇りをもって携わっている産業医は、必然的に衛生委員会への参加頻度が多くなるでしょう。

 

【衛生講話をしてくれるかもしれない】

衛生委員会や社員教育などを通じて、従業員たちに向けた分かりやすい衛生講話をしてくれる産業医なら、より良い産業医といえるかもしれません。

小難しい衛生講話になるとただ「聞くだけ」になってしまう従業員も多いかもしれません。

しかし分かりやすく興味を持てる衛生講話になると、真剣に聞き入る従業員たちも多いでしょう。

 

産業医の選任は仲介サービスを使おう!


産業医を探す方法は色々あります。

自力で探す、健康診断実施機関や医師会に依頼をするなどの方法もあります。

しかしその方法だと、見つけることができる産業医がどうしても限られてしまいます。

そこで見つけた産業医が優秀な産業医ならラッキーですが、もしそうでなければどうでしょうか。

「優秀な産業医」を選任するためには、産業医仲介サービスに依頼をすると効果的です。

 

【産業医を探してくれる】

企業の面接は優秀な人材を見抜くために、色々な方向から質問をするでしょう。

そして面接経験が多い面接官ならそれだけ、人を見抜く能力もあるかもしれません。

しかし優秀な産業医を探すとなると、また通常の面接とは異なってきます。

一般の社会人は、本当に優秀な産業医を見抜くポイントを知らない方が多いでしょう。

 

ましてや限られた産業医の中から優秀な産業医と巡り合える確立は、全体的に見るとがくっと低くなってしまうかもしれません。

しかし仲介サービスでは、日々たくさんの産業医と面接をしているため、一般の人間よりも産業医を見る目があるといえるでしょう。

 

そのため仲介サービスで産業医を選べば、より優秀な産業医と出会える可能性がぐっと上がることはほぼ確実です。

同時に産業医を探す時間や手間も大幅にカットされるので、実に効率的です。

 

【書類手続きを代行してくれる】

 

産業医を選任した場合、所轄の労働基準監督署長に提出する必要があります。

書類作成も提出も手間がかかる作業ですが、仲介サービスに依頼をすれば、この手続きを代行してくれます。

また仮に産業医を替える場合も書類手続きが必要ですが、仲介サービスを利用していれば、その手続きもしてくれます。

 

【各種サポートもある】

 

産業医仲介サービスによっては、アフターフォローが充実している場合もあります。

また産業医の交代も対応しているケースもあります。

もちろん会社により異なるため、事前確認が必要になります。

 

産業医仲介サービスならAvenirにお任せ!

 

産業医の仲介サービスは色々な会社がありますが、Avenirなら優秀な産業医が多数在籍しています。

 

【厳しい審査を通過した産業医のみが在籍】

 

Avenirはただ産業医に認定された医師を在籍させているのではありません。

代表が直接、産業医たちと面接をして、厳しい審査をしてそこをクリアした産業医のみが在籍しています。

その審査のクリア率は何と20%以下になるので、まさに選ばれたプロフェッショナルたちが揃っています。

 

【様々な職場に対応】

 

そしてAvenirは全国どこでも対応しているので、地方に事業所がある企業の場合もご相談ください。

また女医も多く在籍しているので、女性が多い職場の場合も安心です。

更には近年深刻化しているメンタル問題に強い産業医たちも多く在籍しています。

危険作業が多い、女性が多い、長時間労働が多いなど職場のカラーはそれぞれですが、それぞれのカラーに合った産業医をスタッフが親身になって選任します。

 

【各種サポートが充実】

 

Avenirでは産業医を探すのみならず、アフターフォローやサポートも充実しています。

サポートチームが産業医と企業の関係性をフォローする体制でいるので、例えば訪問日程調整の代行も可能です。

また衛生委員会の立ち上げや人事向けの無料セミナーなども対応できます。

また産業医のチェンジも無償で対応しているので、何か問題があればすぐに相談できる環境といえるでしょう。

 

このように、Avenir産業医は本当に優秀な産業医たちが在籍しています。

そして専門スタッフも「もれなく」「すきまなく」業務支援を精一杯しています。

産業医を探すのなら、確かな優秀な産業医たちと本気のフォローを心がける専門スタッフ画在籍するAvenirに一任してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

このように、産業医仲介サービスを利用することが優秀な産業医を探す上で一番効率的で確かな方法になります。

産業医仲介サービスを利用すれば、より優秀な産業医とマッチングする確率が高いといえるでしょう。

 

優秀な産業医を設置すれば、従業員たちの健康問題や安全対策も1つ1つクリアしていくかもしれません。

そうすることで企業もより仕事内容が確実にかつ活性化し、良い方向に向かうでしょう。

そのためにも、Avenir産業医で優秀な産業医を探してみてはどうでしょうか。

 

優秀な産業医を探すならAvenir