産業医クラウド

産業医クラウドTOP > 産業医ナビ >うつ病の主な原因

うつ病の主な原因

2022.06.30未分類

うつ病になる原因はさまざまですが、主な原因をご紹介します。うつ病になる主な原因は以下の通りです。

・就職や転職による人間関係
・家庭内不穏や離婚による不安
・病気や事故による体調不良

上から順に見ていくと、まずは就職や転職を機に新たな場所で新たな人間関係を築く必要があり、社内の人間関係が上手くいかないことが考えられます。プライベートであれば自分に性が合わない人とは距離を置けますが、職場ではそうはいきません。

人間関係で我慢をすることで心身に負担がかかり、最終的にうつ病になる可能性があるのです。また、人間関係は職場だけではなく家庭内においても同様です。家庭は本来、リラックスする場所ですが、家庭不穏や離婚などにより家庭でもストレスを抱えることがあります。

そのほか、病気や体調不良によって先行きに不安を感じると大きなストレスを感じる場合もあるでしょう。さまざまな理由からストレスを感じることでうつ病になることがあるのです。

うつ病が与える症状

さまざまな要因でストレスを感じるとうつ病になる可能性があるわけですが、症状にも触れていきます。うつ病が与える症状には以下があります。

・食欲がなくなる
・頭痛やめまいが続く
・不安感やイライラが収まらない
・意欲がなく気分も落ち込む

うつ病の症状として、食欲がなくなるのはご存知でしょう。これまで食欲があった人であっても、うつ病になることで急に体重が減るケースもあるのです。体重が減少すると免疫力の低下から他の病気にもかかりやすくなります。

また、うつ病の二次障害として頭痛やめまいを引き起こすことがあります。お薬により対処する方法もありますが、頭痛やめまいは大きな体調不良につながる可能性も考えられます。

不安感やイライラに関してもうつ病の有名な症状です。常にネガティブな感情に駆り立てられて、落ち込むケースが増えていきます。人間はポジティブなメンタルがあるからこそ頑張れる生き物です。

ネガティブな心境では仕事もプライベートもさまざまな場面に影響が出てしまうでしょう。うつ病になるとストレス解消などポジティブな行動を起こす意欲もわかなくなり、心身ともに悪循環になってしまいます。

相談イメージ

悩む前に一度相談してみませんか?

「今の産業医に不満があるけど、これってどこも同じ?」
「ほかの会社の産業医って何やってるの?」
「こんな悩み有るけど、これって産業医を頼っていいの?」
など、小さなお悩みから他社の事例など、お気軽に相談ください。

産業医の新規契約をまだ検討していない方も、お気軽に悩みを 聞かせてください。産業医の紹介以外でも、お役に立てるかもしれません。

無料相談はこちら
 
 

監修

栗原 雅直医師
くりはら まさなお

東京生まれ。東京大学医学部医学科卒業、東大病院精神神経科に入局。1960年東大大学院生物系研究科博士課程修了。医学博士。2年間のパリ大学留学後、東大病院医局長、1966年虎の門病院勤務。初代精神科部長。川端康成の主治医を務めた。1990年大蔵省診療所長。財務省診療所カウンセラー