企業理念/行動指針

Mission 幸せをリデザインする


創業期「人が家で永眠可能な社会の実現」を掲げておりました。これは「後悔しない生き方」=「今を生きること」が幸せであり、そして「そのような方々を増やす支援がしたい」、つまり「幸せな人を増やしたい」と考えに行き着いたからです。

この考え方のもと、私達は「幸せをリデザインする」というミッションを掲げております。

医療健康問題と向き合えば向き合うほど、シニア世代だけではなく、現役世代も悲鳴を上げていることが分かってきました。「毎日、幸せに働き、前向きに生きている現役世代」は想像以上に少ないという現実がありました。

「心身の健康」は人生の最優先事項の一つであるにも関わらず、心身の健康問題を蔑ろにしているという現実があります。「健康を失って、初めて、その重要性に気づく」ということがあまりにも多く存在します。

これでは「後悔しない生き方」は実践できません。
私たちは医療健康問題の解決を通じて、1人でも多くの方々に、「個々人の幸せのあり方」を再考してもらえれば、「今を生きる人を増やせる」と信じています。

「今を生きる人」からの信頼を得るために、私達自身も「今を生きる」個人であり、組織であり続けることを、社員を代表としてコミットメントします。

このミッションを実現すべく、組織コンセプトである「自由と規律の共存」への深い理解と体現、そしてお客様への感謝を忘れずに邁進して参ります。

Vision 働き手のLTVを最大化する


若年層の労働人口の減少は採用難を本格化させ、益々酷使される労働環境からは過労死問題、長時間労働の抑制、労働裁判の増加をもたらしました。一方、相対的な弱者である一般の働き手は、精神疾患者が増加の一途をたどっており、改善する兆候は見受けられません。

このような中、医師を始め、産業医に解決が期待されておりますが、その医師達も様々な変化のまっただ中であり、正解のない中での回答を求められているという難しい状況があります。
このような環境下で、新型コロナウイルスが社会を一変させた一方、医師の重要性や役割にも変化が起き始めています。新型コロナウイルスに加え、2024年には、「医師の働き方改革の施行」、いわゆる「2025年問題」の到来等、社会も医療界も「働き方」が大きく変容しようとしています。

私達は、社会的な資産である医師達の効用を最大化させることが重要であるということを念頭に置き、ユニークな価値を医師や産業医に提供し、社会で求められている「企業と産業医」、「医療機関と医師達」とのマッチング精度を高めていくことが、「働き手のLTV(Life Time Value)を最大化する」というビジョンを達成する近道であると考え、サービス展開を行っております。

Member Policy -信条-

利他的に期待値を超える

Core Value -行動指針-

1. High Quality Communication

相手が理解できる言葉で

2. Move forward

前へ、毎日0.1%でも

3. No Selfish

評価は常に他人、他責はしない。

PAGE TOP